VIO医療脱毛は安全なの?

脱毛はエステサロンやクリニックで施術できますが、どちらで受けた方が良いのか迷いますね。

エステサロンはクリニックの医療脱毛よりも安価になっていますし人気となっているようですが、確実性と安全性については医療脱毛の方が優れていると言われています。

【国家資格を持った者が施術】

医療脱毛は、医師や看護師といった国家資格を持った者でないと施術できません。

エステサロンの場合は、医療従事者の資格が無い者が施術するので、医療機関で使うレーザー機器は使えません。

医療脱毛は患者の肌の状態を医師が診察してから施術するのでやけどなどのトラブルはほとんどないのです。

万が一、やけどのようになっても適切な手当てをしてもらえます。

【VIO脱毛なら医療脱毛の方が良い】

VIO脱毛を受ける人が増えてきていますが、安いからとエステサロンでVIO脱毛を選ぶ人がいます。

エステサロンでの脱毛は、フラッシュ脱毛が主なので医療脱毛のレーザーと出力の差があり、効果が出るまで時間がかかります。

デリケートな場所で肌トラブルも起こりやすいですから、しっかりフォローしてもらえるクリニックでの施術が安心、安全です。

【脱毛部位によって機器を使い分け】

人気美容外科では脱毛部位によってレーザー機器を使い分けるようにしています。

ワキ毛や足の時はこれ、VIOの時はこれ、というようにいくつかの種類のレーザー機器を置き、確実に効果が出るようにしています。

顔のうぶ毛や日焼けした肌でも施術できる機器もあり、良い脱毛効果がみられるようにしているのです。

部位によって機器を使い分けているようなクリニックなら安全性は高いと言えます。

医療脱毛でのVIO脱毛の流れ

クリニックで医療脱毛を受けることになったら、どういう流れで行われるのでしょう。

初めての人だとやや不安に感じるかもしれませんね。

特にVIO脱毛となるとデリケートな場所ですからなおさらです。

あるクリニックでのVIO脱毛の流れをご紹介しておきますね。

【施術前は何をすれば良い?】

VIOを医療脱毛で処理する場合、施術の前日にムダ毛を自己処理します。

この時、必ずカミソリでの処理をするようにし、毛抜きで抜くことは止めてください。

ただ、VIOラインはどうしても自己処理できない部分がありますので、その場合は無理して行わなくても大丈夫です。

【どんな服装で行けば良い?】

施術を受ける時は、クリニックでサロン着に着替えますので、特に服装については決まりはありません。

VIO脱毛の場合は、下着もクリニックで用意されている紙ショーツに替えます。

すべて脱いで施術することはありませんので安心してください。

【レーザー照射する時はどんな体勢?】

VIO脱毛の場合、どんな体勢で施術を受けるのか不安ですよね。

Vラインはあおむけの状態で、Iラインは足を片側ずつ外側に開いて施術を行います。

Oラインはうつぶせになります。

紙ショーツをずらしながら照射していきますので、あられもない姿になることはありません。

【医師や看護師が施術するので安心】

医療脱毛は、医療レーザーを使いますので医師や看護師しか施術できません。

ですから施術途中で何かトラブルがあった時はすぐに対処してもらえます。

もちろん、施術後に肌のヒリヒリや赤みが治まらない場合でも対処してもらえますよ。

安心して施術を受けてくださいね。